ブログの書き方が分かる本「20歳の自分に受けさせたい文章講義」がおすすめ【感想】

 やぁ、水那(@mzpdn)だ。

 今回は、僕が滅茶苦茶におすすめできる書籍「20歳の自分に受けさせたい文章講義」の感想を語るとともに、その良さを語らせていただく。

 それでは早速いってみよう。

【感想】「20歳の自分に受けさせたい文章講義」は絶対読むべきだ

 「20歳の自分に受けさせたい文章講義」は、僕が読んできたライティング本の中でも群を抜いて素晴らしいものであるといえる。

 既にブログをやっている方や、これからブログを始めていく方読むべき一冊である理由を解説していこう。

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」とは?

 「20歳の自分に受けさせたい文章講義」は、古賀史健というフリーランスライターの方が書いたライティング本で、ブロガーの中ではかなり有名だ。

 「話せるのに書けない!」という方に向けて、現場で15年かけて蓄積した「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウを語っている。
 僕たちの「書けない!」という疑問スッキリと解決される。

発売日: 2012/1/26
著者:古賀史健
ページ数:280ページ
定価:本体840円(税別)

https://amzn.to/2zS5WHu

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」の感想

 まず初めに言わせていただくが、このライティング本はマジで最強だ
 僕自身このライティング本から学ぶことが多く、今までの記事でもその知識を活用している

 そのため、買おうかどうか迷っている方は考えずに買うべきだ。
 では「20歳の自分に受けさせたい文章講義」の何が優れているのかを、詳しく語っていこう。

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」は滅茶苦茶に読みやすい

 他のライティング本と比べて、非常に読みやすい文面となっている
 具体的に言うと、文のリズムがとても良いのだ。
 読点の位置がベストで、音読しても違和感がないことから読んでいて気持ちが良い

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」は読みづらいを解消してくれる

 ブロガーあるあるかもしれないが

う~ん、自分の書いた文章に違和感があるなぁ・・・

 といったように、見直したときに読みづらさを感じる方もいるだろう。

 「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読むと、そんな読みづらさは解消される

 かく言う僕も「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読み終えた後の文章に違和感は少なく、比較的読みやすい文章を書くことができるようになった

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」は哲学も学べる

 例えば「20歳の自分に受けさせたい文章講義」の中で、文章を書くのに才能が必要かどうかという事に触れている。
 そこでの答えとして、才能がないと言う人は「言い訳を探しているだけ」と記してある。
 上記の解説にはいろいろと考えさせられることがあり、著者の古賀史健さんを調べてみたところ「嫌われる勇気」の共著者でもあったのだ。
 すなわち、哲学的な感じでライティングの知識を学ぶことが出来る

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」はコスパ最強

 人生を変えてくれるライティング本なのにも関わらず、たったの1000円で買える。
 ブロガーやライターの中には、コスパの良さにも感動した方が多いのではないだろうか?

水那
水那

読んでないならマジで損してると思う

「20歳の自分に受けさせたい文章講義」は誰が読むべき?

  • 口では話せるのに、文字にすると書けなくなってしまう
  • 文章にリズムがなく、読みづらくなってしまう
  • 読者の方に「分かりにくい」と言われてしまう
  • 改行句読点の方法やコツを知りたい
  • 文章をどうやって書いていけばいいのか分からない
  • 書くことが多く、絞りきって書けない
  • 文を書く才能がないと思っている

 これに1つでも当てはまった方は、絶対に読むべきだ。
 少なからず「20歳の自分に受けさせたい文章講義」で、上記の疑問不満は解消されるだろう。

https://amzn.to/2zS5WHu

まとめ:「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読もう

 いかがだっただろうか?
 僕の個人的な感想として、とりあえず全員読んでおけばいいのではないかと思う。
 それくらい良質なライティング本だと考えている。

 まだ読んでいない方は是非読んでみて、今後のブログ運営などに活かして頂ければと思う。
 それでは今回もご覧いただき、ありがとうございました。

https://islamicdesktop.net/silent-web-writing-review/