【感想】「沈黙のWebライティング」は、ブログ初心者におすすめ

 やぁ、水那(@mzpdn)だ。

 ブログ初心者におすすめの本として「沈黙のWebライティング」という本があるのをご存じだろうか?
 「沈黙Webライティング」は、ブログで稼ぎたいという人は絶対に読むべきとして、ブロガーの中ではかなり有名だ。

 そこで、さまざまな本や記事を読んできた水那氏は

水那
水那

「沈黙のWebライティング」か・・・
どうせみんなが勧めてるから俺もみたいなノリで、本当はしょうもない内容でしょ~

 と思いながらも、実際に購入してじっくり読んでみたため、世間の評価と自分の評価との差異を語っていければと思う。

 それでは早速いってみよう。

【感想】「沈黙のWebライティング」は、ブログ初心者におすすめ

https://amzn.to/2NbOdxt

 まず、これだけは言わせていただく。

 「沈黙のWebライティング」を買おうか迷っているなら、迷うことなく買おう。

 僕自身も

水那
水那

評価はいいけど、どうせ普通なんでしょ~

 といった感じだったが、これが結構な良書だったのだ。

「沈黙のWebライティング」とは?

沈黙のWebライティング

 「沈黙のWebライティング」とは、松尾茂起さんという方が執筆された、SEOのためのライティングノウハウをストーリー形式でまとめた一冊だ。

 ストーリー形式には記憶に定着しやすい効果があり、実際に筆者の考えも分かりやすくなっていて素晴らしいと思う。

 定価:2000円(税抜き)

「沈黙のWebライティング」を読んだ感想

沈黙のWebライティングの厚さ

 総ページ数は631ページと分厚く、本の中でも比較的多いページ数だったものの、ストーリー形式という事もありとても読みやすかった。
 その結果、2時間程度で読み終えることが出来て、正直自分でも驚いた。

沈黙のWebライティングの中

 内容としては、老舗旅館を引き継いだ若女将の「サツキ」と、その弟「ムツミ」自身の運営するWebサイトを上位表示させる話だ。
 その中でSEOの基本を学ぶために、世界最強のWebマーケッター「ボーン・片桐」という男の下、Webライティングを学ぶのであった。

 このように「沈黙のWebライティング」は、登場人物である2人の初心者目線でのスタートとなっており、これからブログを始める方には結構おすすめできる本である。

「沈黙のWebライティング」で学べたこと

 「沈黙のWebライティング」から学べたことはかなり多く

  • SEOを意識したライティング
  • 商品を選んでもらうための手法や、文章の書き方
  • 文章をリライトする能力
  • 誰が見ても分かりやすい、と思える文章の書き方
  • 読者の「感情」に響く文章の書き方

 という感じだ。
 たった2000円で、ここまで学べるとなると正直買うしかない

「沈黙のWebライティング」は誰が読むべき?

  • 誰もが認めるような、評価されるような記事を作りたい!
  • 分かりやすい文章が書けなくて困っている!
  • いくら記事を書いても、成果が全く出ずに困っている!

 という方は、まず読むべき一冊だと言える。
 特に、これからブログで稼いでみたいという方は読んでみていただきたい。

 「沈黙のWebライティング」を始めに読んでおくことによって、遠回りせずに学ぶことが出来る。

水那
水那

SEOの「S」も分からないという方は、読んでおいて損はない

まとめ:初心者は「沈黙のWebライティング」を買っとけば間違いない

  「沈黙のWebライティング」は、会話形式で話が進み、非常に分かりやすいことから初心者は読むべき一冊だ。

 SEOの基本も学ぶことが出来るため、読み終えた後はぜひとも実践してみよう。

 僕はライティング歴はそこそこだが、買うのが遅くて結構後悔したため、まだ読んでない方は早めに読んでおこう。

 それでは今回もご覧いただき、ありがとうございました。

https://amzn.to/2NbOdxt